ときめきDays

ときめきDays ~Young at Heart~

DIY エコロジー 生活

【簡単リメイク】マキシスカートをパンツに

【簡単リメイク】マキシスカートをパンツに

自粛生活で家の片付けがあらかた終わったら、心と空間に余裕ができたせいか、長らく使っていなかったミシンを引っ張り出して、また縫い物を始める気になれました。断捨離効果ですね~。まずトライしたのは、ロングスカートをパンツにする簡単なリメイクです。型紙を使わない手抜きのやり方ですが、結果は上々でした! あくまで素人のテキトーな縫い方ですけど、よろしければご参考になさってください。

憧れのマキシ丈だったが…

身長に合うマキシ丈のものがなかなか見つからず、やっと手に入れたのが写真の品。肌触りのよいインド綿のマドラスチェックで、ギャザーがたっぷり入っているところも魅力的でしたが……

一度はいて出かけたら、「ダメだこりゃ」。

  • 風で壮大にめくれ上がる。
  • 自転車をこぐ度、裾が靴底に引っかかる。
  • 階段で踏んづける。

足首までの思いきり長いスカートは風になびいて素敵だと思っていたのに、はいて出かけてみると実用性に乏しかった。平坦な道を歩いている時はいいんですが、歩道橋と自転車というシチュエーションは完全にNGでした。

丈を詰めれば、「自転車の問題」と「踏んづけ」は解消されるでしょうが、ポイントになっているブルーの柄が一部隠れてしまいます。そのため丈はそのままでパンツにリメイクすることに。前後の布幅がそれぞれ140cmもあるので、型紙を当てての本格的なリフォームではなく、股を割るだけの簡単リフォームでもなんとか大丈夫ではないか、と早速作業に取りかかりました。

前後の中心を合わせてUの字に縫うだけ

手順はおおまかに次のとおり。

  1. 裏返して前後の布のセンターをぴったり合わせ、しつけをする。
  2. 1のセンターラインをまたぐように、仕上がりを想定してU字にしつけをかけ、裏のままはいて具合を見る。
  3. 必要に応じて、できあがりのラインを修正。
  4. 縫い合わせる部分の裾をほどき、3で修正したラインをミシンで縫う。
  5. センターラインを切り開く。縫い代の始末をし、U字のカーブに切り込みを入れ、裾を縫う。
白糸…センター、赤糸…仮縫い、黒糸…本縫い

仮縫いをして試着してみたら、股上がぴったりすぎて座ると裂けそうだったので、股の位置を下げました。

縫い終えたらセンターをカット

完成しました。

早速自転車に乗ってみたら、丈を変えていないのに裾が靴底に引っかかりません。布がひざの動きに合わせて動くからです。もちろん、風でめくれる心配もなくなり快適です。裾幅が広いため、サドルに座る時だけ若干もたつきますが、座り方だけ気をつければ後はまったく問題なし(^^)

完成後です。パッと見はスカートのまま。

コメントを残す




関連記事