ときめきDays

ときめきDays ~Young at Heart~

乗り物

ロサンゼルスでUber(ウーバー)に乗る その3 【アナハイムから空港へ】

ハリウッドからアナハイムまでの32.3マイル(52キロ)という結構な距離にUberを利用した後は、配車依頼にも余裕が出てきました。
(詳しくはこちら→ロサンゼルスでUber(ウーバー)に乗る その2【ハリウッドからアナハイムへ移動】

③エアーズ・ホテルからウォルマート・スーパーセンターまで

その次に乗ったのがアナハイムのエアーズ・ホテルから、Anaheim Plaza内にある、ウォルマート・スーパーセンターです。私も娘もアメリカのスーパーが大好き! お土産ものの調達も兼ねて出かけました。近くにもう1軒ウォルマートがあるのですが、ホテルのスタッフに尋ねたら、スーパーセンターのほうが雑貨類がたくさんあるということだったので、こちらに行ってみることにしました。

この時のUberの料金は、行きは10.35ドル、帰りは9.82でした。同じ道を通ったのに料金が違う…。なぜなんだろう?

④アナハイムからロサンゼルス空港まで

遂に旅行の最終日、日本に帰る便はお昼12時45分発です。渋滞に巻き込まれる可能性もあるので、8時前に迎えに来てもらうことにしました。本当は、前日に予約しておきたかったのですが、いろいろアプリをいじってみたものの、日付指定予約のやり方が分かりません。仕方なく、いつもどおり出発直前に配車依頼をしました。

不安を感じながらホテルのロビーでアプリを開き配車依頼をしたところ、たったの5分で立派なバンが到着しました! ドライバーさんは、「車が多い時間帯なので1時間半ほどかかりますよ」と教えてくれましたが、幸い途中からスムーズに車が流れ、1時間ちょっとで空港へ。料金は92.98ドルでした。(Uber XLなので割高です)

日本で旅行プランを練っていた時、このアナハイムから空港までの移動手段についても頭を悩ませました。それなりに距離もありますし、お昼に出発する便なので、朝何時にアナハイムを出発すればいいか不安です。その時は、乗り合いのSuper Shuttleにするか、ホテルのフロントでタクシーを予約してもらおうと考えていました。

しかし、現地でUberを体験すると、配車の迅速さ、あらかじめ料金が分かる安心感、そして降りる時チップをいくら渡そうかとゴチャゴチャ考える必要がないことなど、利便性がすばらしく本当に楽ちんです。

Uberアプリには乗車記録が残る

さらにUberが便利なのは、アプリの乗車履歴です。「過去のご乗車」を選ぶと、乗車時間、経路のマップ、ドライバー名、アイコン、車種、料金、チップなどがずらりと出てきます。

万一車内でトラブルがあった場合も、すべて記録に残っているので対処しやすいわけです。個人的には、ドライバーと乗客が相互に評価し合う仕組みは、透明性がありGood! ちなみに8回乗車した私たちの評価は4.67。礼儀正しい乗客だったはずだけど、思ったより評価が低いな。(笑)車内で静かすぎたのか?

Uberを利用した感想と反省

ロサンゼルスのような大都会ではUberの台数が多く、想像よりしていたよりもはるかに早く車が到着します。ドライバーを待たせたり、戸惑わせることがないよう、分かりやすく、車を停めやすい場所に着いてから車をよぶことが大事。

アプリはバックグラウンドで作動しないので配車依頼後に画面を切り替えないこと。いつの間にかスマホ画面に触れ誤作動させてしまうことが多い私は、配車依頼後、待ち受け画面にすれば安心と思いアプリを切ったのです。再び立ち上げたら、配車依頼は自動キャンセルに。ドライバーさん、ごめんなさい。

ワーナー・ブラザース・スタジオや、OCフェア会場のように、公共交通機関では行きづらい場所に向かう際の利便性は最高。上手に使えば移動時間がかなり短縮でき、少ない日数の旅行では特に旅の自由度が高まります。

ただ、 移動日には スーツケース3つを積むため、それなりに大型の車をよぶ必要があり、帰国後に計算してみたら、けっこう費用がかかっていました。もう少し日程に余裕があれば、バス、地下鉄、アムトラックと上手に組み合わせて利用したいものです。

それでも、いろんな人種の方の車に乗せてもらう体験は、実にエキサイティングで楽しかったです。(アジア系、ラテン系、アフリカ系、アラブ系、白人、の方の車に乗りました)ロサンゼルス旅行を計画されている方は、ぜひ体験してみてください!

コメントを残す




関連記事