ときめきDays

ときめきDays ~Young at Heart~

ハリウッド 映画

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ワールドプレミアに遭遇した日

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ワールドプレミアに遭遇した日

2020年1月、アカデミー賞10部門にノミネートされた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、私にとって唯一無二の思い出深い作品になった。その理由は、ハリウッドに着いたその日が、偶然にもワールドプレミアだったからだ。

空港からホテルに到着、一休みしたあとチャイニーズ・シアターに向かったのは2019年7月22日午後3時半(現地時間)。しかし、チャイニーズ・シアター前は遮蔽され、車も通行不可になっている。

看板を見て、レオに似ているけど…まさかね、と笑っていた

向かいの歩道に人が集まりはじめていたので、カメラを手にした若い女性に尋ねてみたらウソみたいな言葉が返ってきた。

「タランティーノの新作映画のイベントで、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット、マーゴット・ロビーが来るのよ」

看板の文字“ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD” が映画のタイトルだとは知らなかった

聞けば、あと1時間から1時間半後イベントが始まると言う。「レオナルド・ディカプリオ+ブラッド・ピットってどういうこと?」とキツネにつままれたような気分だった。私たちの世代の2大スターだからだ。急遽予定を変更して待つことに。

チャイニーズ・シアター向かいのファストフード店に入り、窓際の席で様子を見つつ遅いランチを食べた。しかし、歩道に人垣ができ始めたため、立ち位置確保のため私は食事を早々に切り上げて歩道へ。

午後の強い日差しが照りつけるなか、1 時間半待った。

カメラクルーがステージのそばでクレーンの操縦を何度も練習し、準備万端の様子だが、なかなか始まる気配がない。ハリウッド・ブールバードは、東京で言うと、通りの広さも雰囲気も銀座通りに似ている。ここを封鎖してイベントをやっていると思ってほしい。イベント待ちの客が集まりすぎて歩道を占領しているのに、ロープも張られていなければ、交通整理をする警備員1人いない。

2時間頑張ったがあきらめることにした。命の危険を感じるほどの人数になってきたからだ。歩道の片側からベビーカー、もう一方から車椅子がやってきて、進むことも戻ることもできず、乗っている2人が力なくうなだれている。まったく身動きが取れない。私たちは、やむを得ず歩道沿いの雑貨店に逃げ込み、買い物をして裏口から出してもらった。しばらくすると、「キャ~!」という大歓声が聞こえたので、慌ててぐるりと通りに戻った。

SONY PICTURES ENTERTAINMENT 公式You tubeチャンネルより引用
https://www.youtube.com/watch?v=kO5c4cu8xL4
SONY PICTURES ENTERTAINMENT 公式You tubeチャンネルより引用
https://www.youtube.com/watch?v=kO5c4cu8xL4

2人の姿。もちろんこんなに近くで見ることはできなかったけど、しっかり目と心に焼き付けた。レオは体が大きくスター然とした堂々としたふるまい。ブラピのほうは華奢でカジュアル。今思えば、この映画に出てくる2人のキャラとかぶっている。

車を降りて数分ファンサービスをすると、2人はファンに手を振り去っていった。

ロサンゼルスに着いた途端こんなことがあるとは。時差ボケのなか待った甲斐があったなと、ほっとしながらホテルに戻った。すぐチャイニーズ・シアターでプレミア上映会が行われるのだろうと思っていたが、下の映像を見ると、日が落ちる前に出演者やスタッフが集まってのステージイベントがあったようだ。あの人だかりではステージの見える場所まで移動するのは無理だったと思うが、監督やキャストがずらりと並ぶ姿を一目見てみたかった。その時の様子↓

ホテルに戻ると、エントランスにスタッフの女性が立っており、プロ用カメラを抱えた男性を案内している。

その時気づいた。今日ホテルのプールサイドバーが貸し切り営業なのは、そのためだったのか!

ステージイベント終了→チャイニーズ・シアターで上映会→パーティという流れなのだろうか。 生バンドの演奏が夜10時頃から始まり、1時すぎまで続いていた。部屋の窓からちょうどプールが見える。パーティ会場は奥まっていて、参加者の姿を見ることはできなかったけれど、同じホテルに今彼らがいるという事実にしみじみ感動した。

小学生の頃、兄が買っていた『ロードショー』という映画雑誌が好きで、表紙から最後のページまで一字残さず読んでいた。プレミアパーティの様子は、毎号カラーページに必ず載っており、子供だからプレミアが何かよく分からなかったが、とにかくスターが集まるパーティがあるのだなあと思って眺めていたものだ。

その頃、初めて母にせがんで連れていってもらった映画が『ザッツ・エンタテインメント』。あの映画を見て、キラキラとしたハリウッドに憧れた。それから40年以上たち、夢見る頃をとうに過ぎてはいるのだが、やはりハリウッドは、私に夢を運んでくれる場所に違いなかった。

コメントを残す




関連記事