ときめきDays

ときめきDays ~Young at Heart~

生活

髪を結んだままかぶれる! 飛ばない帽子を探す

髪を結んだままかぶれる! 飛ばない帽子を探す

自転車に乗る時、帽子はUV対策に欠かせないアイテムです。

でもいろんな帽子を試したものの、どうしても風で飛んでしまいます。
一度帽子が吹っ飛んで幹線道路の真ん中に落ちてしまったことがあり、以降はかぶるなら「絶対飛ばない帽子」と決めています。 
そしてもう1つ、「長い髪を結んだままかぶれる帽子」が欲しい。

この2つの条件で帽子を探してみました。とてもよい商品がみつかったのでご紹介いたします。

#1  エレガント系ポニーテールハット

前から見ると普通の帽子

これと言った商品名がまだないようなので、「ポニーテールハット」と勝手に名付けました(笑)。
後頭部が丸く空いている、つば広ハットです。後ろが全開し、マジックテープでサイズ調整可。

シニヨンでもかぶれる革命的デザイン

ポニーテールに限らず、高めの位置にシニヨンを作った時もOK。
ロングヘアなら結ばなくても、ひとまとめにして穴から出してもOK。涼しいうえにサマになります。

後ろの開閉部は自分の頭のサイズぴったりに合わせてざっと縫ったら、とてもかぶりやすくなりました。

購入時についていたリボンは外し、手持ちのレースリボンを巻き付けて後ろで2カ所縫い止めました。

飛ばない工夫

穴から風が抜けるので飛びにくいとは思いますが、「絶対飛ばない帽子」にするため、あごひもを取り付けます。

この帽子には、下の写真のような後付けのひもが付属品としてついていました。
金具を差し込むだけで取り付けられますが、抜けてしまわないか少し不安だったので、2~3針縫いとめました。

そういえば子供の頃、こういう差し込みタイプのあごひもがあったことを懐かしく思い出しました。
今でも販売されていたとは! 取り付け簡単で効果抜群。5本で350円です。

商品ページはこちら。

使用しての感想

清里旅行のお供にしました。標高1,900メートルという高原の強風でも飛ばず、つばの周囲にワイヤーが入っているため形が崩れず日よけ効果もバッチリでした。
コンパクトにしたい時は、丸めてバッグにしまうこともできます。お店などで一時的に脱いだ時、穴に腕を通せるのが意外と便利でした。
お値段が安いだけにちょっと作りがおおざっぱなんですが、工夫しがいのある商品です。リボンの代わりに、麻のストールや、インド綿のスカーフなどを巻いても雰囲気ががらりと変わります。

カラーが9色あります。これは本当にオススメです!

ディスカウント価格の商品ページはこちら。

#2 水陸両用キャスケット

後ろにポニーテールを出せるスリットのついた珍しいキャスケットです。

ビーチハットに見えないビーチハット

「水に濡れても色落ちしにくい」とラベルに書いてあります。
素材感がシャンブレーのような感じでビーチハットっぽさがなく、町でかぶってもまったく違和感がありません。汗をかきやすい季節に、ジャブジャブ洗えるのはいいですね。

後ろのスリット部分は、ポニーテールを通さないでかぶる時、変に広がらないよう、きちんと左右重ねて縫ってあります。なんて芸が細かいんでしょう! 

飛ばない工夫

最近増えてきた取り外し可能なあごひもがついています。
本体にループがついていて、そこにフックを引っかける仕組みです。内側のテープにサイズ調整用のゴムが通してあり、至れり尽くせりです。

使用しての感想

スライダーでギュッとあごひもを締めれば、もちろん飛びません。
#1より幅広い服装に合い、つばの周囲にソフトワイヤーが入っているので、形がきれいに整います。とても軽く、つぶせばぺっちゃんこになるので携帯に便利です。
残念なのはスリット位置が下のほうにあるので、髪を結ぶ位置が限られてしまう点。私は縫い目を切って上まで広げるつもりです。
渦巻きのようなあごひものフックが若干まとめ髪に引っかかりやすいので、取り外しする必要がなければ、フックを外してひもを縫い付けてしまってもいいかもしれません。こちらもお手頃価格でオススメです。

商品ページはこちら。

ポニーテールを出せる帽子、こんなのもあります

#3 ストローハット

こちらは、クラウンの部分が布、つばがストローのナチュラル系。ムーンバットの商品です。
写真のとおり後ろが全開し、結んだ髪が通せるようになっています。
頭のてっぺんまでスリットがあり、どの位置に髪を結んでもかぶれるので、とてもいい商品だと思います。

公式サイトを見たところ、現在は販売されていないようです。

#4 ベースボールキャップ

言わずと知れたベースボールキャップ。
頭が蒸れないよう(?)後ろに穴があるので、ポニーテールを通すのに好都合です。
私は強風で飛ぶだろうと思いかぶって自転車に乗ったことがないのですが、「サイズ調整し、頭にぴったり合わせれば飛ばない」と聞いたことがあります。確かに野球のプレー中に帽子がいちいち風で飛んでいたら試合にならないので、飛びにくいのかも。

その他にも、くるりとつばのあるビーチハットやアウトドア系の帽子には、ポニーテールが出せるタイプのものがあります。検索結果はこちら。

まとめ

20年近く前、ハワイの牧場で購入したストローのカウボーイハットが自転車にぴったりで、それ以来、あごひも付きの帽子を探し求めてきました。最近リボンを結ぶタイプなど、フェミニンなものまで、ひもつきが多く出てきてうれしく思っています。


しかし、後ろに開きがある帽子は本当に少ないです。
ロングヘアは束ねないと、暑いです! 束ねて無理やり帽子をかぶっても、頭と帽子の間に隙間ができるため、簡単に飛んでいってしまいます。
ロングヘアでかぶれる帽子、メーカーさん開発お願いします!

関連記事